シロアリ駆除で新築住宅を守ろう〜建物の保護に最適な施工〜

大切な住宅を守るにはシロアリ駆除を行なわなければなりません

湿気の多い土地に注意

鉄筋コンクリートの建物も注意

シロアリは元々地中で巣を作って生活している昆虫であり、住宅にシロアリが住み着くルートのほとんどは地中から建物への侵入です。そのためシロアリの被害によって住宅がダメージを受けないようにするには、どのような物件であっても定期的にシロアリ調査を実施しなければなりません。

土地の選び方が肝心

床下がコンクリートなどで舗装されていても、シロアリは亀裂や配管などを使って住宅へと侵入してきます。一戸建て物件だけでなくアパートやマンションなどの物件も被害にあうため、こうした集合住宅に住んでいる方もシロアリ調査はしっかりと行なっておくようにしましょう。また鉄筋コンクリートなどで作られた物件でも木材は使われています。

シロアリが住宅に住み着くのを防ぐには、マイホームを建築する場所をよく考えて選ぶ必要があります。シロアリは湿気があって風通しの悪い住宅に住み着く傾向があるため、湿気の溜まりやすい場所に住宅を建てるとシロアリの被害にあう可能性が高いです。そのため住宅建築を行なう際は土地情報をよく確認し、湿気の無い場所に住宅を建てられるようにしましょう。

TOPボタン